令和2年度全日本小中学生ロボット選手権 九州北部交流大会 選手募集のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和2年度の全日本小中学生ロボット選手権(本戦:和歌山県御坊市)は令和3年度に開催(2年にわたっての開催)となりました。高専ハカセ塾では来年度に開催する地区予選および本戦に向けて、本年度に九州北部のみで独自の交流大会を行います。
交流大会に出場する選手(小学4年生~中学3年生)を募集しております。応募多数の場合は抽選となりますが、どなたでもご応募頂けます。下記要項をご確認の上、お申し込みください。

【九州北部交流大会 概略 (チラシ)

・組立・改造講習会 2月27日(土) 13:00~16:00
・交流大会     3月13日(土) 10:00~15:00
実施要領
 運営上の留意事項
 別添1 小学生の競技内容(外部リンク)
 別添2 中学生の競技内容(外部リンク)
 ※大会に使用するロボットキットはこちらで用意します(無料)
 ※今年度の交流大会の成績によって来年度の本戦に出場する権利は発生いたしません。
 ※新型コロナウイルス感染拡大状況によってはオンライン開催、延期または中止になることがあります。ご了承下さい。

応募はこちらから
全日本小中学生ロボット選手権令和2年度九州北部交流大会申込みフォーム
ご応募お待ちしております!

第11回熊本高専熊本キャンパス会場 成果発表会(R2)

12月12日(土)第11回高専ハカセ塾熊本キャンパス会場では、成果発表会および修了式を実施しました。
受講生は、これまでに高専ハカセ塾で学んだことを踏まえ、「現在取り組んでいる研究」や「これから取り組みたい(興味のある)研究」について、各自で調べた結果を発表しました。発表後の質疑応答では、多数の質問や意見をいただき、受講生は研究意欲をさらに刺激されたようでした。
最後に、一人一人に修了証の授与を行い、今年度の熊本キャンパス会場での活動の区切りとしました。

第3回小・中学生ジュニア学会発表者募集のお知らせ(お申込みは終了いたしました)

令和3年2月6日(土)にオンラインで開催する 「第3回小・中学生ジュニア学会」の発表者および聴講者を募集します。
科学研究、ロボット製作、プログラミングなどに取り組んでいる小・中学生が日頃の活動や研究の成果をお互いに発表し、専門家(研究者)や他の参加者とのアドバイスや交流を通して、理科・数学(算数)・情報分野について理解を深めます。
今回のジュニア学会では、高専ハカセ塾参加者に加え、発表者および聴講者を一般公募します。


【 開催概要 】 ・開催場所:オンライン(Zoom)
・開催日時:令和3年2月6日(土) 13:00~16:30
・参加費:無料
開催要項
・募集期間:令和2年12月1日(火)~令和3年1月24日(日)17時必着(お申込みは終了いたしました)

申込み方法(以下2つのうちどちらかの方法で申込みして下さい)
申込フォーム(発表者)
申込フォーム(聴講者)
所定の申込用紙(発表者・聴講者共通)に記入して郵送(ダウンロードおよび印刷が難しい場合はご連絡ください)

送付先:〒836-8585 大牟田市東萩尾町150 有明工業高等専門学校内 高専ハカセ塾事務局(田中・竹内) 

第10回熊本高専熊本キャンパス会場(R2)

令和2年11月28(土)、熊本高専熊本キャンパスにて、第10回高専ハカセ塾「水溶液の体積について考えてみよう」を実施しました。第10回は、種々のアルコールと水を混合させて体積がどう変化するか実験を行いました。
研究のプロセスを意識して、「結果の予想」、「正確に体積を得るための実験器具や方法の選択」、「伝わりやすい実験データの見せ方(グラフ化)」、「実験データの考察(比較による考察)」等を体験しました。最初は、受講生全員がアルコールと水を混合しても体積は変わらないと予想しましたが、実際は体積が減少し、驚いていました。
難しい内容でしたが、体積が減少する理由を一生懸命考えている様子が印象的でした。

合同研修(R2)

11月21日(土)13:30~15:00「合同研修」
オンラインで3高専4キャンパス合同研修を行いました。
会場に集まって参加した受講生や自宅から参加した受講生がいました。
前半は、事前課題として各自制作(製作)して提出してもらった動画「高専ハカセ塾deボールつなぎ」を鑑賞しました。各会場の受講生3名ずつに、感想やどのようにして作ったのか説明してもらいました。
後半は各会場の研究紹介や講座の様子の紹介をしました。普段見ることができない他会場の様子や研究の様子を知ることができて良い刺激になりました。

第8回熊本高専熊本キャンパス会場(R2)

令和2年11月14日(土)、熊本高専熊本キャンパスにて、第8回高専ハカセ塾「複雑ネットワーク分析」を実施しました。
第8回は、複雑ネットワーク分析の歴史、応用分野、社会のどのような分野で役立っているかについて学習しました。次に、PythonとNetworkXを用いた分析の基礎を学び、SNSから得られた大量の人と人とのつながりのデータを対象に分析をおこないました。
また、身近な人の人間関係をグラフ化し、様々な指標を用いて様々な観点からみた重要人物の割り出しに挑戦しました。

第7回熊本高専熊本キャンパス会場(R2)

11月7日(土)の第7回の高専ハカセ塾は、学外研修「阿蘇山周辺の湧水めぐり」を実施しました。
明神池、竹崎水源(南阿蘇村)、明神の本、舟の口水源、弊立神社、吉無田水源 (山都町)を巡り湧水を試飲する中で、熊本が世界有数の水資源に恵まれていることを感じました。また、熊本県北部地域における硝酸性窒素による地下水汚染の課題についても紹介しました。
さらに、「21世紀は水をめぐる争いの世紀」 になることが予測されていることに触れ、世界的視野から見た水資源問題に対する早急な対応の必要性について学びました。

第5、6回熊本高専熊本キャンパス(R2)

「光と色について1,2」のテーマで、第5回と第6回の高専ハカセ塾を、10月17日(土)と24日(土)に、熊本高専熊本キャンパスの物理実験室で実施しました。
第5回では、最初に光の波長について学習し、実際に簡易分光器を作って、蛍光灯の光の波長測定や太陽光のスペクトル観察をしました。蛍光灯の光の波長(紫、青、緑、オレンジ)を10ナノメートル(=0.000 000 010 m)程度の誤差で測定でき、実験は大成功です。次に、赤(R)、緑(G)、青(B)のLEDを用いて光の合成を行い、RGBの明るさを調整すると色が変わることに気づき、シアン、マゼンダ、イエロー、ホワイトの表示ができました。
第6回では、光の偏光について学習し、偏光の働きと偏光を用いた機器の仕組みを調べました。偏光板を用いて光の偏光方向(光の電界の振動方向)を見つけ、また2枚の偏光板を使えば光の透過としゃ断ができ、このことを実際に液晶ディスプレイで確かめました。それから、偏光板にセロハンテープをはさんで色を作る実験では、多くの色を作ること、特に赤を作ることに競って挑戦しました。

第4回熊本高専熊本キャンパス会場(R2)

9月26日(土)開催の第4回高専ハカセ塾熊本キャンパス会場では、「災害時に役立つ電子工作」を実施しました。
災害時に困ることや、電子工作で出来ることについて意見を出し合った後、LEDや電圧などについて学習しました。その後の工作では、LEDを使った簡易的なライト・銅板と塩とアルミ板を重ねた乾電池・白色LEDライト・ゲルマニウムラジオを製作しました。短時間にいくつもの工作を行いましたが、全員全て作り終え、最後は工作したラジオでラジオ放送を聞くことができました。