第8回久留米高専会場(R2)

12月19日(土)、久留米高専において、「高専ハカセ塾」第8回目の講座を実施しました。
今回は、機械工学科の教員を講師に迎え、「きのくにロボットフェスティバル ルール説明および模擬試合」「高専ロボコン出場機体の実演と解説」と題した、ロボットの実演と操縦体験を行いました。
前半は、来年度、高専ハカセ塾で参加予定の「きのくにロボットフェスティバル2021・全日本小中学生ロボット選手権」の競技課題「山岳救助隊」について、実際のキットや競技ルールによる模擬試合を行いました。ロボットを使って、競技コート内のいくつかの山(スタイロフォーム)を越えながら崖下の要救助者(ペットボトル)を助け出す競技で、先に要救助者を引き上げスタートエリアに運んだ方が勝利です。学生メンターによる操作説明・実演の後、受講生も実際にロボットを操縦しました。思い通りに動かなかったり、調子よく動いたりと操縦者は一喜一憂していました。
後半は、ロボットコンテスト部の学生によって、アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2020(高専ロボコン)に出場したロボットの実演が行われました。ペンタブと同期し絵を描くロボット(ペイントキング)、 マスター・スレーブ方式で遠隔操作ができ、VRゴーグルでロボットの視界を見ることができるロボット(ろびぃちゃん)の2機体につき、動きの特徴や内部構造の仕組みの説明が行われ、受講生は熱心に聞き入っていました。

第10回有明高専会場 成果発表会(R2)

12月19日 13:30~16:30「成果発表会・修了式」
約3か月間取り組んできた自主プロジェクトの発表を行いました。受講生のみなさんは緊張しながらも堂々と発表していました。発表内容は様々な分野にわたり、興味深いものばかりでした。会場には受講生とスタッフの他に、教育委員会、小・中学校の先生方、受講生保護者、有明高専の受験予定者など全員で40名程が集まりました。発表に対する質問やアドバイスもあり、有意義な成果発表会となりました。
コロナウイルス感染拡大防止のため、高専ハカセ塾の開校式が遅れ、3か月半の短い間でしたが、みなさん、講座の受講と自主プロジェクトにしっかりと取り組んでいただきました。

第7回久留米高専会場(R2)

12月12日(土)、久留米高専において、「高専ハカセ塾」第7回目の講座を実施しました。
今回は、第一段階の受講生は多様経験型プログラムを、第二段階の受講生は自主プロジェクト型プログラムを実施しました。
多様経験型プログラムでは、電気電子工学科の教員を講師に迎え、「手作りラジオで電波を受信してみよう」と題して、身の回りの電波について学習し、ラジオを製作しました。
はんだごての使い方の練習の後、抵抗やコンデンサ等の電子部品の役割をひとつひとつ確認しながら基板上ではんだ付けし、ラジオの電子回路を作成しました。細かい作業が多く苦戦する受講生もいましたが、教員や学生メンターのサポートをうけながら全員が完成させ、電波を受信することができました。
電波を受信しラジオ放送が流れてきた時は、とても嬉しそうでした。
自主プロジェクト型プログラムでは、第二段階の受講生が、自分の研究テーマに必要なデータを検索して集め、まとめていきました。

第9回有明高専会場(R2)

12月12日 13:30~16:30「成果発表会資料作り・発表練習」
3か月間取り組んできた自主プロジェクトの発表資料を作りました。発表資料は手書きでもパソコンを使って作成しても良いのですが、初めてパソコンで発表資料を作ることにチャレンジしている受講生もいました。いよいよ来週は成果発表会です。

第11回熊本高専熊本キャンパス会場 成果発表会(R2)

12月12日(土)第11回高専ハカセ塾熊本キャンパス会場では、成果発表会および修了式を実施しました。
受講生は、これまでに高専ハカセ塾で学んだことを踏まえ、「現在取り組んでいる研究」や「これから取り組みたい(興味のある)研究」について、各自で調べた結果を発表しました。発表後の質疑応答では、多数の質問や意見をいただき、受講生は研究意欲をさらに刺激されたようでした。
最後に、一人一人に修了証の授与を行い、今年度の熊本キャンパス会場での活動の区切りとしました。

高専ハカセ塾とは

高専ハカセ塾とは

高専ハカセ塾とは、小学5年生から中学3年生を対象とした“九州発「地球規模の視点を有する次世代傑出人財」発掘・育成プログラム”です。

有明工業高等専門学校・熊本高等専門学校・久留米工業高等専門学校の3高専共同で行っております。

プログラムの目的は、地元の教育委員会や企業等と連携しながら理数・情報分野に関心のある次世代科学・技術を担う傑出人財の発掘・育成です。受講希望者を福岡県・熊本県・佐賀県一帯から広く募集し、育成しております。

このプログラムは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)のジュニアドクター育成塾事業に平成30年度から5年間の1つの事業として採択されております。  

プログラム内容

土曜日の午後、月2回のペースで6月から12月まで講座を行います。理数系各分野の専門教員や地元企業が多彩な講座を行います。

講座は4会場個別に行っております(有明高専会場、熊本高専熊本キャンパス会場、熊本高専八代キャンパス会場、久留米高専会場)。プログラムは会場によって異なります。詳しくはホームページ内の活動報告をご覧下さい。

講座と並行して自主的な研究のテーマを決めて研究し、最終日に発表を行います。テーマ決め・研究計画、設計・製作、実験、考察、発表資料作り・発表練習まで、専門教員、社会人メンターおよび学生メンターによる手厚いサポートを受けながら「本物」の研究を実体験することができます。また、高専の高度な測定装置、実験装置および検査機器等も使うことで、受講生自身が実際に手を動かしながら科学や工学の分野への興味を深めることができます。さらに、研究成果のまとめ方として、研究ノートの書き方、パソコンの利用技術、パワーポイントやエクセル等のソフトウェアの使い方、発表の手法などについても指導を受けます。

プログラムは第一段階・第二段階と2段階に分かれています。第一段階の受講生は書類選考により、毎年約40名(各会場約10名)が選抜されます。第二段階は第一段階を終了し、更に深く研究を行い小中学生対象の学会などで発表を行いたいという意向を持つ受講生のうち、一定の基準に達した方が対象です。第二段階は高度な研究を特に意識したプログラムとなっています。

 その他に、高専ハカセ塾3高専の交流の場、地域の小・中学生の活躍の場として「小・中学生ジュニア学会」や「きのくにロボットフェスティバル九州北部予選会」を開催しております。

スタッフ紹介

  • 江﨑 尚和 有明工業高等専門学校 校長
  • 竹内 伯夫 有明工業高等専門学校 一般教育科 物理担当
  • 西  秋子 高専ハカセ塾 シニアメンター
  • 坪根 弘明 有明工業高等専門学校 創造工学科 メカニクスコース
  • 藤本 大輔 有明工業高等専門学校 創造工学科 応用化学コース
  • 鮫島 朋子 有明工業高等専門学校 一般教育科 物理担当
  • 森山 英明 有明工業高等専門学校 創造工学科 情報システムコース
  • 窪田 真樹 有明工業高等専門学校 創造工学科 建築コース
  • 森田 恵一 有明工業高等専門学校 技術部
  • 清田 公保 熊本高等専門学校 企画運営部
  • 東田 洋次 熊本高等専門学校 拠点化プロジェクト系
  • 山崎 充裕 熊本高等専門学校 リベラルアーツ系
  • 中武 靖仁 久留米工業高等専門学校 機械工学科
  • 古賀 裕章 久留米工業高等専門学校 制御情報工学科
  • 教員の他に社会人メンター、学生メンターが数名ずつ各高専に配置されています。

お問合せ

高専ハカセ塾に関する問合せ先はこちらまで。

第8回有明高専会場(R2)

12月5日 13:30~16:30「望遠鏡を作ってみよう」
レンズや望遠鏡の仕組みと種類について、実際のレンズや望遠鏡を使いながら説明を受けました。その後、ケプラー式望遠鏡を作りました。レンズを真っ直ぐにはめ込むのが難しかったようですが、手作りで8倍率の望遠鏡を作ることができました。
後半は自主研究のまとめをしました。発表に向けて実験の結果をまとめたり、担当の先生と相談したりしました。