第9回 熊本高専熊本キャンパス会場(H30)

10月20日(土)「プログラミング言語紹介(pythonを体験しよう)」の授業を開催しました。 キーボードによる入力が必要なのですが、キーボード入力がスムーズではない受講生もいたことから、はじめにタイピングの練習を行いました。 Pythonプログラミングを通して、複雑ネットワーク分析に関して理解するとともに、簡単な分析を行いました。

第7回 熊本高専熊本キャンパス会場(H30)

9月8日(土)「冷たい世界を体験しよう」の授業を開催しました。 今回は、熊本高専2キャンパスの教員を入れ替えての授業です。八代キャンパスの担当者が中心となって実施しました。液体窒素について学んだ後、低温による物質の変化を予想し、実際に生花や輪ゴム、鈴などを液体窒素で凍らせる実験を行いました。また、超電導現象に関する実演も行いました。

第5回 熊本高専熊本キャンパス会場(H30)

8月6日(月)「プログラミング講座Ⅲ(micro:bitでお絵描きロボットを動かそう)」の授業を開催しました。 8月2日の講座で出した課題を解決するための具体的方法を考えるとともに、課題解決に向けた作業をしました。また、受講生同士で課題と改善策について情報共有を行うことにより、教え合いによる課題解決を期待しました。 最後に一人ずつ、取り組んだ内容について発表しました。

第4回 熊本高専熊本キャンパス会場(H30)

8月4日(土)熊本高専熊本キャンパスのオープンキャンパスを見学しました。 ロボコン部室、クリーンルーム、自立移動ロボットカー、電波暗室、メディア製作スタジオ等を見学し、各施設や機器について高専生から説明を受けました。受講生は熱心にメモを取ったり質問をしたりと楽しく参加していました。

第3回 熊本高専熊本キャンパス会場(H30)

8月2日(木)昨日に引き続き、「プログラミング講座Ⅱ(micro:bitでプログラミング)」の授業を開催しました。 お絵描きロボットのプログラミングを通して、お絵描きロボットが動く仕組みを理解し、より快適に動作させるための課題を共有することを目的とし、お絵描きロボットのプログラミング作業をしました。 受講生が感じた発見や課題点、得られた気づきやデータについては、実験ノートに記入するとともに、全員で共有しました。

第2回 熊本高専熊本キャンパス会場(H30)

8月1日(水)「プログラミング講座Ⅰ(micro:bitでプログラミング)」の授業を開催しました。 お絵描きロボットの組み立てを通して、ロボットの仕組みを理解し、モノづくりにおけるユーザーには見えない課題を共有することを目的とし、お絵描きロボットの組み立て作業をしました。