令和2年度全日本小中学生ロボット選手権 九州北部交流大会 選手募集のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和2年度の全日本小中学生ロボット選手権(本戦:和歌山県御坊市)は令和3年度に開催(2年にわたっての開催)となりました。高専ハカセ塾では来年度に開催する地区予選および本戦に向けて、本年度に九州北部のみで独自の交流大会を行います。
交流大会に出場する選手(小学4年生~中学3年生)を募集しております。応募多数の場合は抽選となりますが、どなたでもご応募頂けます。下記要項をご確認の上、お申し込みください。

【九州北部交流大会 概略 (チラシ)

・組立・改造講習会 2月27日(土) 13:00~16:00
・交流大会     3月13日(土) 10:00~15:00
実施要領
 運営上の留意事項
 別添1 小学生の競技内容(外部リンク)
 別添2 中学生の競技内容(外部リンク)
 ※大会に使用するロボットキットはこちらで用意します(無料)
 ※今年度の交流大会の成績によって来年度の本戦に出場する権利は発生いたしません。
 ※新型コロナウイルス感染拡大状況によってはオンライン開催、延期または中止になることがあります。ご了承下さい。

応募はこちらから
全日本小中学生ロボット選手権令和2年度九州北部交流大会申込みフォーム
ご応募お待ちしております!

第10回有明高専会場 成果発表会(R2)

12月19日 13:30~16:30「成果発表会・修了式」
約3か月間取り組んできた自主プロジェクトの発表を行いました。受講生のみなさんは緊張しながらも堂々と発表していました。発表内容は様々な分野にわたり、興味深いものばかりでした。会場には受講生とスタッフの他に、教育委員会、小・中学校の先生方、受講生保護者、有明高専の受験予定者など全員で40名程が集まりました。発表に対する質問やアドバイスもあり、有意義な成果発表会となりました。
コロナウイルス感染拡大防止のため、高専ハカセ塾の開校式が遅れ、3か月半の短い間でしたが、みなさん、講座の受講と自主プロジェクトにしっかりと取り組んでいただきました。

第9回有明高専会場(R2)

12月12日 13:30~16:30「成果発表会資料作り・発表練習」
3か月間取り組んできた自主プロジェクトの発表資料を作りました。発表資料は手書きでもパソコンを使って作成しても良いのですが、初めてパソコンで発表資料を作ることにチャレンジしている受講生もいました。いよいよ来週は成果発表会です。

第8回有明高専会場(R2)

12月5日 13:30~16:30「望遠鏡を作ってみよう」
レンズや望遠鏡の仕組みと種類について、実際のレンズや望遠鏡を使いながら説明を受けました。その後、ケプラー式望遠鏡を作りました。レンズを真っ直ぐにはめ込むのが難しかったようですが、手作りで8倍率の望遠鏡を作ることができました。
後半は自主研究のまとめをしました。発表に向けて実験の結果をまとめたり、担当の先生と相談したりしました。

第3回小・中学生ジュニア学会発表者募集のお知らせ(お申込みは終了いたしました)

令和3年2月6日(土)にオンラインで開催する 「第3回小・中学生ジュニア学会」の発表者および聴講者を募集します。
科学研究、ロボット製作、プログラミングなどに取り組んでいる小・中学生が日頃の活動や研究の成果をお互いに発表し、専門家(研究者)や他の参加者とのアドバイスや交流を通して、理科・数学(算数)・情報分野について理解を深めます。
今回のジュニア学会では、高専ハカセ塾参加者に加え、発表者および聴講者を一般公募します。


【 開催概要 】 ・開催場所:オンライン(Zoom)
・開催日時:令和3年2月6日(土) 13:00~16:30
・参加費:無料
開催要項
・募集期間:令和2年12月1日(火)~令和3年1月24日(日)17時必着(お申込みは終了いたしました)

申込み方法(以下2つのうちどちらかの方法で申込みして下さい)
申込フォーム(発表者)
申込フォーム(聴講者)
所定の申込用紙(発表者・聴講者共通)に記入して郵送(ダウンロードおよび印刷が難しい場合はご連絡ください)

送付先:〒836-8585 大牟田市東萩尾町150 有明工業高等専門学校内 高専ハカセ塾事務局(田中・竹内) 

合同研修(R2)

11月21日(土)13:30~15:00「合同研修」
オンラインで3高専4キャンパス合同研修を行いました。
会場に集まって参加した受講生や自宅から参加した受講生がいました。
前半は、事前課題として各自制作(製作)して提出してもらった動画「高専ハカセ塾deボールつなぎ」を鑑賞しました。各会場の受講生3名ずつに、感想やどのようにして作ったのか説明してもらいました。
後半は各会場の研究紹介や講座の様子の紹介をしました。普段見ることができない他会場の様子や研究の様子を知ることができて良い刺激になりました。

第6回有明高専会場(R2)

11月14日 13:30~16:30「電子機器の仕組み」
LSI(大規模集積回路)の設計を行いました。LSIとはパソコンやデジタルカメラなどの電子機器に入っていて、電子機器の頭脳といえます。活動では信号を増幅するLSIを作りました。回路図を作った後、うまく作動するかどうかシュミレーションをし、回路図に沿った設計図を作りました。信号を増幅するLSIの設計は習得するまで本来なら10年かかると言われていますが、活動では先生やメンターに教わりながら3時間で体験しました。

第5回有明高専会場(R2)

10月24日(土) 13:30~16:30「プログラミングロボット」
「mBlock」というプログラミングソフトを使って、「mBot」という車型のロボットを動かしました。
講師から出題されるロボットの動作が複雑になると、ロボットが思うように動いてくれず、プログラムを修正しながら、ロボットの動作を確認する作業に根気強く取り組みました。正方形に動かす、黒い線をたどる(ライントレース)、センサーを使って障害物をよける、などの動きを試しました。

第4回有明高専会場(R2)

10月10日(土)13:30~16:30「地震について」「研究の進め方」
前半は、なぜ地震が起こるのか、そして地震に耐えることができる建物の構造の説明をうけました。その後、「紙ぶるる」というキットを使って紙の家を組み立て、手で揺らして家の揺れ方を観察しました。また、屋根におもりをつけたり、筋交いを入れたりすると、揺れ方がどうなるかを観察しました。
後半は、自主研究の進め方について説明を受けました。「身の回りのなぜ?どうして?」をノートに書き出し、それをもとに研究してみたいテーマを考えました。