第2回 久留米高専会場(H30)

8月3日(金)久留米高専において、高専ハカセ塾第2回目の授業を開催しました。第1回目が有明高専で行われたため、今回が久留米高専での最初の授業となりました。

授業では、お互い自己紹介を行った後、黒木教授から今後のスケジュール説明などがあり、その後、3名3チームに分かれて、「マシュマロチャレンジ」を実施しました。
マシュマロチャレンジとは、『パスタ、テープ、ひも、マシュマロを使って 自立可能なタワーを立てるチームビルディングの為のゲームです。最も高いタワーを作ったチームが優勝となります』(日本マシュマロチャレンジ協会(http://www.marshmallow-challenge-japan.org/),2018年8月6日)。

受講生たちは、より高いタワーを立てるべく、意見を出し合い、真剣に、そして楽しそうにチャレンジしていました。

高専ハカセ塾
マシュマロチャレンジ

第1回 高専ハカセ塾開校式(H30)

7月28日(土)13:00~15:00、次世代の科学技術を担う傑出人財を発掘・育成するプログラム「高専ハカセ塾」の開校式が有明高専において開催され、有明高専、熊本高専熊本キャンパス・八代キャンパス、久留米高専の各会場の受講生64名(地域の小学5年~中学3年生)とその家族、大牟田市教育委員会などの関係者の合計約200名が出席しました。
開校式では、有明高専の高橋校長からの挨拶、受講生2名による挨拶、各高専のスタッフ紹介等がありました。その後、(株)創知堂 桑原 正浩氏による特別講演会「考える力と発想する力」が行われました。
今後は各会場で活動しながら、一泊研修や成果発表会などの3高専4キャンパスによる交流イベントも実施していく予定です。

受講生代表挨拶(有明高専会場・中学生の部)
高専ハカセ塾集写真
特別講演
特別講演(ワークショップ)の様子

H30年度高専ハカセ塾募集開始

ジュニアドクター育成塾「高専ハカセ塾」の募集を開始しました。
本事業は有明高専・熊本高専・久留米高専の合同企画により、次世代の科学技術を担う傑出人財を発掘・育成するプログラムです。小学5年生から中学3年生のたくさんの受講生を広く募集します。以下の募集要項をご確認の上、申込用紙に必要事項を記入して提出してください。

・募集チラシ:PDFファイル(1129KB)
・募集要項:PDFファイル(417KB)
・申込用紙:PDFファイル(162KB)
・応募締切:7月17日(火)17時必着